お祝い会席

晴れやかなひとときを彩る、祝会席膳

ご結納、ご結婚、お誕生、ご長寿祝、その他新築のお披露目等、
各種お祝いにご利用ください。

慶事・会席御膳・大
会席御膳 7,000円(税別)

慶事・会席重パス無し
会席重[配達専用] 5,000円(税別)

慶事・松花堂
松花堂弁当[配達専用] 2,500円(税別)

慶事・鯛
大鯛姿焼き 5,000円(税別)

仏事・刺身3°反回転
お刺身舟盛り 10,000円(税別)

 

小学生以下のお子様に

プレートランチ(対象:小学生)

プレートランチ (対象:小学生)

2,500円(税込 2,700円) 〈料理の内容は季節によって変更いたします〉

 
お子様ランチ(対象:幼児)

お子様ランチ (対象:幼児)

1,000円(税込 1,080円) 〈料理の内容は季節によって変更いたします〉

 
お食い初め御膳

お食い初め膳

1,000円(税込 1,080円) 〈料理の内容は季節によって変更いたします〉

 


引出物などもご用意いたしておりますので、お気軽にご相談ください。

 

<お届けしたお料理について>

お召し上がりまで冷蔵庫等の冷所に保管し、なるべく1時間以内にお召し上がりください。
特に夏季(7〜9月)の保管には十分にご注意ください。
夏季期間中、誠に恐れ入りますが、条件によっては料理の配達を控えさせていただく場合がございます。予めご了承ください。

お祝事の豆知識

お子様のお祝い

◎お食い始め…生まれて初めて御飯を食べさせる儀式で、その子が一生食べ物に苦労しないようにとの願いを込め、一般的に生後100日目に行われます。仲人・祖父母など一族が揃って赤飯に尾頭付きの料理でお祝いをします。
◎初誕生…初誕生では、古来餅を背負わせ、草鞋を履かせて、長い人生をたゆまず歩く事を願いました。現在は両方の祖父母を招き、祝膳を囲んでお祝いします。
◎初節句…生後初めての節句を初節句といいます。男児は5月5日の端午の節句・女児は3月3日の桃の節句に、祖父母などを招いてお祝いします。
◎七五三…現在では、満年齢で、男児は5歳(又は3歳と5歳)・女児は3歳と7歳になるその年の11月15日に、土地の氏神様にお参りし、氏子としての成長を告げる儀式です。お参りが済んだら、祖父母などを招いて祝の席を設けることが多いようです。

ご家族様のお祝い

◎初老祝…数え年(満年齢+1歳)で、男性の25歳と42歳、女性の19歳と33歳は厄年といわれ、特に男性の42歳と女性の33歳は大厄と呼ばれます。最近ではこれを『初老の祝』として、氏神でお祓いを受けた後、会食の場を設け、親戚・知己の方々を招いて盛大にとりおこない、お祝いの品を添えて配ります。これは方々に厄を分け担いでいただく意を込め、今後も共につつがなく過ごさせて頂きますようという意味からきています。寿賀(御長寿祝)主な寿賀は、

還暦(61歳)
古希(70歳)
喜寿(77歳)
傘寿(80歳)
米寿(88歳)
卒寿(90歳)
白寿(99歳)
百賀(100歳以上)
茶寿(108歳)
皇寿(111歳)

婚姻・ご夫婦のお祝い

◎御結納…婚約のしるしに男性側から女性側に送られる酒肴や縁起物、現金などの贈り物をいい、仲人が男性側からの結納品を預かって、女性側に届けるのが正式の作法とされています。又、結納品の受け渡し後、仲人の労をねぎらうとともに両家の婚戚関係を結ぶために女性側が酒肴の席を設けます。
◎御結婚記念日…7年目/銅婚式、25年目/銀婚式、50年目/金婚式、60年目/ダイヤモンド婚式 等

 
※ここでご紹介したのは一般的な例です。